シーンに合わせて印刷の依頼先を選ぶのが大切

発色も訴求力も紙で違う

印刷機

最もポピュラーなコート紙の特徴

チラシ印刷で納得できる仕上がりをめざすなら、適切な用紙選びが大切です。同じデザインでも用紙で仕上がりは変わってくるので、チラシを間も当たりにした人が抱く印象も大きく違って来ます。チラシ印刷ではマット紙・上質紙・微装工紙などもよく使用されますが、一番ポピュラーなのはコート紙といえます。身の回りには数多くの印刷物を目にすることが出来ます。目にしているチラシの紙の素材まで顧慮するような人はすくないかもしれませんが、どの種類をえらぶのかで仕上がりが異なり、耐久性や保存性にも影響がでてきます。お客様のノーズは多彩で写真をメインに取り上げたい向きもあれば、落ちついた印象を与えたい、あついはボールペンなどで書き込みをすることを予定するなど、色々です。数ある素材があるなかでコート紙を選ぶニーズが最も多いのはどのような理由によるのでしょうか。素材の表面に塗装を吹き付けてコーティングしたものを、「塗工紙」といいますが、コート紙はそんな塗工紙の一種です。コーティングする紙の質により上質・中質などに分類されますが、チラシ印刷でニーズが高いのは中質コート紙。チラシ印刷では光沢紙も人気の高い素材で、同じ塗工紙がありますが、こちらは撮影写真が主役になる雑誌表紙などに高い需要です。これに対してコート紙は適度な光沢があり、イラストや文章を印刷しても、読みやすくチラシを目にした瞬間、メッセージを訴求できるのでチラシ印刷では高い人気を集めているわけです。

Copyright© 2020 シーンに合わせて印刷の依頼先を選ぶのが大切 All Rights Reserved.